/

この記事は会員限定です

KiZUKAI、サブスクの利用者分析 月平均50万円で

[有料会員限定]

データ分析スタートアップのKiZUKAI(東京・中野、山田耕造社長)は、サブスクリプション(継続課金)で事業をてがける企業向けに、利用者を簡単に分析できるシステムの提供を始めた。価格はサービスの利用者数によって異なるが、月平均50万円程度。書籍、漫画の配信、オンライン教育など2022年2月までに100社の導入を目指す。

クラウドで利用者の状況を表やグラフを使い、一覧で確認できるシステムを開発した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り421文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン