/

この記事は会員限定です

ホンダ悩ます半導体不足 部品調達、外資への傾斜も影響

[有料会員限定]

車載用の半導体不足を受け、ホンダが部品調達に苦慮している。「メガサプライヤー」と呼ばれる外資の自動車部品大手への依存度を高めたことが影響しているとの見方もある。ホンダは新型コロナウイルス禍からの需要回復を見込んで2020年秋に21年3月期の業績を上方修正した。9日には20年4~12月期の決算発表を控えるが、回復シナリオに暗雲が漂う。

「最悪のケースで21年1~3月は23万台の減産が必要になる」。複数の関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1565文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン