/

この記事は会員限定です

1部復帰で節目の東芝、変わるか「物言う株主」との関係

[有料会員限定]

東芝は29日、東京証券取引所第2部から第1部に復帰し、経営再建はひとつの節目を迎えた。ただ、その再建途上で経営を取り巻く環境は大きく変わった。特に株主構成の変化による影響は顕著で、資本増強により加わった「物言う株主」との緊張関係が続いている。社内には1部復帰により株主構成が変わることに期待する見方もある。東芝が経営戦略や株主との関係を磨いていく転機となるのか。

株価上昇で狙う中長期保有型の株主への移行

「思っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1985文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン