/

NTTデータ、スマートシティーのシステム構想

NTTデータは28日、スマートシティーを実現するためのシステム構想「ソサエティOS」を発表した。外部のクラウドサービスなどとデータ連携し、NTTグループの技術も活用しながら地域や都市のニーズに対応する。

街に設置したセンサーや各種デバイス、オープンデータ、外部のクラウドサービスなどからデータを収集し、加工や分析などを可能にする。分析後のデータをスマートシティーの実現に生かす。

NTTデータは今後、ソサエティOS構想に基づいて社会課題を解決するサービスを提供する。災害時に混雑を回避したルートで避難誘導したり、人流や需給を予測してフードロスを削減したりするサービスなどを想定している。関連事業の売上高を2025年度末までに100億円にすることを目指す。(矢口竜太郎)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン