/

この記事は会員限定です

千代田化工や三菱商事、水素の常温輸送を実用化へ

[有料会員限定]

千代田化工建設三菱商事など4社は水素を常温常圧で輸送する技術を実用化する。化学物質のトルエンと反応させて液化したものから、効率的に水素を取り出す技術を千代田化工が開発した。液化のための冷却が不要となり既存のタンクなどを使えるため、コストを抑えられる。

千代田化工と三菱商事に三井物産日本郵船を加えた4社でつくる「次世代水素エネルギーチェーン技術研究組合(AHEAD)」が事業化にめどをつけた。発電を中心に水素ステーションや化学製品の原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り479文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン