/

この記事は会員限定です

三越伊勢丹や高島屋、ネット通販のブランド4割増

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、百貨店各社がネット通販の強化を急いでいる。緊急事態宣言の発令で実店舗の集客が難しくなっており、三越伊勢丹高島屋はネットの冬セールで取り扱いブランドを前年比3~4割増やし、オンライン接客も本格活用する。消費の先行きに不透明感が増すなか、早期に新たな収益源に育てる。

1月1~2日から各社が実施した今年の初売り。新型コロナ下で客足は目立って鈍く、三越伊勢丹など大手4社の初売りの売上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り714文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン