/

日本ペイントHD、塗料事業の統合を延期 当局審査遅れ

日本ペイントホールディングス(HD)は28日、2021年1月1日を予定していたシンガポール塗料大手ウットラムグループの塗料事業の取得を21年1月中に延期する予定だと発表した。取得予定の事業はアジアの複数の国にまたがる。各国の当局から認可を得る交渉を進めており、時間がかかっているという。20年12月期の業績への影響はないとしている。

同社はウットラムグループからアジアの合弁事業とインドネシア事業を約1兆3千億円で買い取る予定。買収資金を調達するために行うウットラムグループへの第三者割当増資も事業取得の遅れに伴い、21年1月中になる見込み。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン