/

この記事は会員限定です

ファンケル、サプリの中国販売を強化 現地EC・店舗で

[有料会員限定]

ファンケルは中国でサプリメントなど健康食品の販売を強化する。このほど中国の国家市場監督管理総局(SAMR)から保健食品としての許認可を取得し、同国内で販売を始めた。従来は許認可が不要な国境をまたいでの電子商取引(EC)でのみ販売していた。今後は実店舗などに販路を広げ、顧客を増やす。

2020年12月末に中国の海南島の免税店で亜鉛のサプリの販売を始めた。今後、アリババ集団の通販サイト「天猫(Tモール)」などで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り282文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン