/

ラフール、12億円調達しメンタルヘルス事業を個人に拡大

会社員のメンタルチェックサービスを手掛けるラフール(東京・中央)は事業拡大に向け12億3000万円を調達した。アスリード・キャピタルなどのベンチャーキャピタル(VC)や事業会社が第三者割当増資を引き受けた。社員の健康管理につながるサービスを拡充する。

スマホで手軽にメンタルチェックを行える

増資を引き受けたのはアスリードのほか、i-Lab3号投資事業有限責任組合やAGキャピタル(東京・港)といったVC各社。ゼンリンデータコム(同)や個人投資家も加わった。地図情報を活用したサービスなどを手掛けるゼンリンデータコムとは事業面でも連携する。

ラフールは会社員のメンタルをスマートフォンで手軽にチェックできるサービスを手掛ける。スマホで20の質問に答えるストレスチェックを毎月実施し、組織の課題などを早期に発見する。これまでに累計700社が導入しているという。調達した資金で従業員一人ひとりが自身の健康管理にもデータを活用しやすくする仕組みを構築する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン