/

この記事は会員限定です

製鉄での温暖化対策「力示す機会」 ミタル新CEOの自信

瀬戸際の鉄鋼(4)

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「最も力を入れるのは持続可能な製鉄だ。我々の力を示す機会になる」。2月11日に鉄鋼世界最大手、欧州アルセロール・ミタルの最高経営責任者(CEO)に就いたアディティヤ・ミタル。電話会見で地球温暖化対策を最優先に据えた。

旧アルセロールなどの買収で規模拡大の道をひた走ったミタル。その歴史からみれば異例の就任宣言となった。脱炭素時代にあわせて口先だけ、とも言い切れなさそうだ。

「売却で約20億ドル(約2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り750文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン