/

この記事は会員限定です

日本精工、家電用軸受けの生産倍増 800億円投資

車向け偏重から脱却

[有料会員限定]

自動車部品大手の日本精工が家電用の部品を増産する。高級家電などに使う小型のベアリング(軸受け)に今後4年間で約800億円を投じ、現在よりも生産能力を倍増させる。「脱炭素」の流れを受けて軸受けを多用するガソリン車向けの需要が今後減ると見て、新たな収益源の確保を急ぐ。自動車で進む電動化が部品業界にも構造転換を迫り始めた。

軸受けは歯車など回転する機械の動きを滑らかにする効果がある。日本精工は国内最大手で主にガ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り791文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン