/

この記事は会員限定です

日本の化学「事業入れ替え」の時代へ 昭和電工はアルミ

[有料会員限定]

昭和電工は28日、飲料缶と電子部品に使うアルミニウム事業を米ファンドに売却すると発表した。日本の総合化学メーカーが主要事業を切り出すのは珍しい。欧米に加えて中韓勢力との競争も激しくなるなか、素材産業でも出遅れ気味だった「事業の入れ替え」が広がりそうだ。

米ファンド大手のアポロ・グローバル・マネジメントにアルミ缶と圧延品事業を売却する。完了時期は8月以降となり、売却額は明らかにしていないが500億円超とみら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1540文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン