/

この記事は会員限定です

資生堂の日用品事業売却、海外・高級に的定める

グロービス経営大学院教授が解説

[有料会員限定]

資⽣堂が「TSUBAKI」「uno(ウーノ)」などの⽇⽤品事業を外資系ファンドに売却する方針を固めたというニュースが流れました。この選択を決めた背景には何があるのでしょうか。グロービス経営大学院の嶋田毅教授が「ブランド・マネジメント」の観点で解説します。

【解説ポイント】
・高価格帯市場で海外大手と競うために経営資源を集中
・強いブランドを築けば収益も高いレベルを狙える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3534文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン