/

この記事は会員限定です

コロナ下、実店舗の意義は イオン吉田社長

そこが知りたい

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で大きな変化を迫られたのが小売りだ。販売や接客で「非対面・非接触」が広がり、ネット通販の利用が急拡大する。今後、実店舗には何が求められるのか。イオンの吉田昭夫社長に聞いた。

店舗のデジタル化が加速

――新型コロナウイルスの感染拡大が続きます。

「コロナ下の『巣ごもり需要』はスーパーに追い風だ。イオンはこれまで『イオンモール』の不動産事業や金融事業に比べ、スーパーの収益力が低かったが、足元...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1170文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン