/

この記事は会員限定です

12月国内建設受注0.3%増 日建連

[有料会員限定]

日本建設業連合会(日建連、東京・中央)は27日、加盟95社の12月の国内建設受注額が前年同月比0.3%増の1兆5280億円だったと発表した。増加は3カ月連続。非製造業からの受注額が減ったことで民間工事の受注は前年を割ったが、公共工事が4割増と好調を維持し全体を押し上げた。

12月の民間工事の受注額は同10.4%減の1兆770億円。非製造業からの受注額が15.7%減の8490億円となったことが響いた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り512文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン