/

HPE日本法人、AI向けサーバー発売

米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)の日本法人である日本ヒューレット・パッカードは27日、人工知能(AI)のデータ処理やシミュレーション用途に向くサーバーの新製品「HPEアポロ6500 Gen10プラス・システム」を発売したと発表した。

米ヒューレット・パッカード・エンタープライズのサーバー新製品

半導体大手である米AMDのCPU(中央演算処理装置)と、米エヌビディアのGPU(画像処理半導体)の各最新版を稼働させられる。AIの処理の高速化に向くGPUは、サーバー1台当たり最大16個搭載できる。演算処理装置などの冷却に水冷システムを利用することで、一般的な空冷方式よりも処理性能の向上や故障の抑制が見込める。最小構成時の価格は税別502万5000円。(島津忠承)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン