/

この記事は会員限定です

昭和電工、アルミ事業を売却 米ファンドに500億円超

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

昭和電工は飲料缶と電子部品に使うアルミニウム事業を、米投資ファンドのアポロ・グローバル・マネジメントに売却する方針を固めた。売却額は500億円以上とみられる。投資負担が大きい一方、化学品などほかの事業との相乗効果が薄かった。2020年に約9600億円を投じて国内化学メーカーを買収後、財務体質の改善を急いでおり今回はその第1弾となる。

アポロは運用資産が45兆円を超え、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)やカーライル・グループに並ぶ米国の有力ファンドだ。素材関連に強く、20年12月にベルギーのビール大手アンハイザー・ブッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り633文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン