/

アイリス、ソフトバンク系と新会社 法人ロボ事業参入

アイリスオーヤマ(仙台市)は27日、ソフトバンクグループ傘下のソフトバンクロボティクス(東京・港)と2月に共同出資会社を設立し、ロボット事業に参入すると発表した。新会社は配膳など法人向けロボットの開発・販売を手がけ、2025年までに累計で1000億円の売り上げを目指す。

新会社「アイリスロボティクス」を2月1日に設立する。新会社はアイリスオーヤマが51%、ソフトバンクロボティクスが49%を出資し、トップにはアイリスオーヤマの大山晃弘社長が就く。アイリスオーヤマが家電で培った製品開発のノウハウや販路、人型ロボット「ペッパー」などを手がけるソフトバンクロボティクスがロボット技術を提供する。両社は新型ロボ開発も進めており、22年末にも市場投入する。新機種はアイリスオーヤマの工場で生産する計画だ。

アイリスオーヤマはロボットと法人向けのほかの製品を組み合わせ、顧客にサービス展開することも検討する。例えば、人工知能(AI)カメラで集めたデータと連動させ、店舗の欠品状況を確認できるようになるという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン