/

この記事は会員限定です

高炉の火消える城下町 「仕事がなくなる」

瀬戸際の鉄鋼(2)

(更新) [有料会員限定]

「再就職先を探してほしい」。日本製鉄と取引する千葉県成田市の鋼材加工会社。社長のもとには3月5日以降、東日本製鉄所鹿島地区(茨城県鹿嶋市)の従業員の訪問が絶えない。

鹿島地区は旧住友金属工業の基幹拠点。この加工会社を含め近隣の取引先で働く住金出身者は多い。日鉄は高炉休止後もほかの製鉄所への配置転換で雇用を維持する方針。ただ地元を離れられない従業員は早くも新たな勤め先探しにOBを頼る。

住金が製鉄所を開いた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン