/

この記事は会員限定です

賃金格差、コロナで拡大 ベア対応割れる

21年春季交渉

[有料会員限定]

26日に事実上始まった2021年の労使交渉では、相場をけん引してきた自動車会社の労働組合もベースアップ(ベア)要求の見送りが相次ぐ。新型コロナウイルスによる業績の悪化や格差拡大が響く。あえてベアを実施する企業も出ており、賃上げ格差が広がる可能性もある。

UAゼンセンには約2300の労組が加盟し、業種は流通や外食、繊維などと幅広い。家電量販店や食品スーパーは巣ごもり需要で好調だが、時短営業を迫られる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り937文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン