/

この記事は会員限定です

日通、貨物チャーター2.5倍 海運目詰まり航空シフト

[有料会員限定]

日本通運が航空貨物を伸ばしている。直近3カ月の日本出発のチャーター便の運航数は前の3カ月比で2.5倍に増えた。自動車などの生産回復で米国への部品の輸出が増える一方、コンテナ不足で海運が目詰まりを起こしているためだ。海運より輸送コストが10倍以上高いが、サプライチェーンを見直す動きが広がるなか、代替手段として定着する可能性がある。

日通の1~3月の航空貨物のチャーター便の運航本数は261便と2020年10~...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1787文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン