/

楽天社外取に元駐日米国大使ジョン・ルース氏

楽天は26日、米オバマ政権時代に駐日米国大使を務めたジョン・ルース氏が3月30日付で社外取締役に就くと発表した。同日開催の株主総会を経て就任する。ルース氏は日米をつなぐ人脈を持つほか、米シリコンバレーで弁護士として新興企業を支援したり、ベンチャーキャピタル(VC)を創業したりした経験を持つ。

ルース氏は2009~13年にオバマ元大統領の側近として駐日米国大使を務めた。15年には、米VCであるジオデシック・キャピタルのパートナー兼共同創業者に就いた。駐日大使時代、東日本大震災の被災地支援で仙台市の楽天の拠点を訪れるなど、三木谷浩史会長兼社長と交流があったという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン