/

この記事は会員限定です

スエズ運河復旧、一両日が焦点 船主「27日離礁めざす」

(更新) [有料会員限定]

エジプトのスエズ運河で大型コンテナ船が座礁した問題で、船を所有する正栄汽船(愛媛県今治市)は26日、日本時間の27日夜に座礁地点から離れる「離礁」を目指していることを明らかにした。ただ船体は巨大で作業は難航する。国際海運の要衝の遮断が長引くとの懸念から、荷主などの間で代替航路の使用を模索する動きも出てきた。

正栄汽船の檜垣幸人社長は同日の会見で、「関係者に多大なる迷惑、心配をかけおわび申し上げる」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1154文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン