/

この記事は会員限定です

ahamoは注目されすぎ 実際はMVNOのほうがお得?

ITジャーナリスト 石川 温

[有料会員限定]

格安スマホサービスを展開する仮想移動体通信事業者(MVNO)が、生き残りをかけた値下げ競争に突入した。

2020年12月、NTTドコモが月間データ容量20ギガ(ギガは10億)バイトで1回5分までの音声通話かけ放題がついた月額2980円(税別、以下同)のオンライン専用プラン「ahamo(アハモ)」を発表。その後、KDDIが「povo(ポヴォ)」、ソフトバンクが「LINEMO(ラインモ)」と月額2480円のサービスを発表し、3キャリアが料金を一気に値下げした。

菅義偉首相は「日本の通信料金は国際的に見ても高すぎる」とキャリアに値下げ圧力をかけていたが、あっという間に先進国の中でもトップレベルの「通信料金が安い国」になってしまった。

一方で窮地に追い込まれたのがMVNOだ。これまではキャリアの通信プランに比べて月額料金が数千円安かったため、まさに「格安スマホ」を求めるユーザーの獲得に成功していた。しかし、2018年ごろから、当時の菅官房長官がキャリアに値下げを求めるようになり、MVNOへの追い風は止まった。さらに20年9月に菅政権が誕生し、3キャリアがオンライン専用プランを発表したことで、MVNOは崖っぷちに立たされた。

そんななか、日本通信やmineo(マイネオ)が、20ギガバイトで1980円のプランを発表した。さらにMVNO最大手であるインターネットイニシアティブ(IIJ)は、20ギガバイトで1880円という値付けをしてきた。キャリアのオンライン専用プランの2480円に比べて600円しか安くないが、それでもMVNOとして意地を見せた格好だ。

菅首相の携帯料金値下げ政策、NTT...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

モバイルの達人

最新スマホの最速レビューから、最新技術動向、スマホを巡るビジネスの裏側など業界を知り尽くす「達人」がお伝えします。動きの早いモバイル業界の「次を読む」ためのヒントが満載。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン