/

東京ディズニー、園内アナウンス一部変更 多様性に配慮

オリエンタルランドは運営する「東京ディズニーリゾート(TDR)」のアトラクションやパレードなどのアナウンスを一部変更した。「Ladies and gentlemen(レディース・アンド・ジェントルメン), Boys and Girls(ボーイズ・アンド・ガールズ)」の英語アナウンスを「Hello Everyone(ハロー・エブリワン)」など、ジェンダーの多様性に配慮した表現に変えた。

オリエンタルランドは「来園客が継続的に気持ちよく過ごせるように配慮した」と説明する。3月18日から一部のパレードやショー、アトラクションのアナウンスを変更していた。今後も順次、表現を変えていくとしている。

TDRでは、子どもにドレスやヘアメークを施してディズニープリンセスに「変身」できるとうたうサロンで、2016年から性別に関係なく利用できるようにするなど、多様性への対応を進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン