/

この記事は会員限定です

日の丸家電、巣ごもり活況の裏で高まる国内依存

[有料会員限定]

「家電王国ニッポン」とかつて呼ばれた総合電機大手の家電事業の海外戦略が岐路に立たされている。足元の国内家電市場は巣ごもり消費の影響で好調だが、海外販売は2011年ごろをピークに減少している。国内市場への依存度が高まる中、日立製作所などは海外の事業戦略を見直して再成長を目指す。

日本電機工業会(JEMA)によると、20年の白物家電の国内出荷額は前年比1%増の2兆5362億円と5年連続で増え、24年ぶりの高水準...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り904文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン