/

この記事は会員限定です

東電の柏崎刈羽原発、遠のく再稼働 検査完了「未定」に

[有料会員限定]

東京電力ホールディングスの柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)7号機の再稼働に向けた道筋に不透明感が増している。不祥事が続き地元から反発が強まる中、26日には再稼働に必要な検査の完了時期を従来の6月から「未定」と後退させた。一部からは6月以降の再稼働を期待する声が出ていたが、時期が大きく遅れると国のエネルギー政策にも影響しかねない。

東電は26日、原子力規制委員会に対し検査完了時期の変更について申請した。東電は検査の過程で今春...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1178文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン