/

この記事は会員限定です

三越恵比寿店が閉店、26年の歴史に幕

商業施設との競合激しく 

[有料会員限定]

三越伊勢丹は2月28日、1994年から営業してきた三越恵比寿店(東京・渋谷)を閉店した。最終営業日となった同日は周辺住民など多くの来店客が別れを惜しんだ。小売業界の競争激化や新型コロナウイルスの感染長期化で、百貨店業界は大きな打撃を受けた。都心部の店舗も客足は戻らないままだ。今回の閉店は百貨店の「苦境の時代」の象徴ともいえる。

28日は午前11時の開店前から正面入り口などに長い行列ができた。家族連れやシニア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り349文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン