/

この記事は会員限定です

ホンダなど二輪4社、電動バイクのバッテリー仕様共通化

着脱式、普及後押し

[有料会員限定]

ホンダヤマハ発動機など国内二輪メーカー4社は26日、電動バイクのバッテリー仕様を共通化することに合意したと発表した。着脱式の交換バッテリーを共通化することで利便性を高める狙い。二輪でも脱炭素に向けた電動化の動きが加速しており、世界で約5割のシェアを持つ日本勢が連携して電動バイクの普及を後押しする。

ホンダ、ヤマハ発、スズキ、川崎重工業の国内二輪4社がバッテリー仕様を共通化して、各社のバイクでバッテリーを相互利用できるように...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン