/

この記事は会員限定です

5割安、合成ダイヤ身近に 環境配慮で若者つかむ

[有料会員限定]

炭素から人工的に作る「合成ダイヤモンド」が宝飾用として国内で広がり始めた。天然ダイヤと比べて価格が5~7割安く、加工技術の向上で輝きなどの品質も高まった。環境に配慮して生産する点が若年層に支持されている。米大手の日本進出など扱う店舗も増え、ファッションとして身近な存在になりつつある。

2月、東京都港区の宝飾店を訪れた20代の女性会社員は5万円台の指輪を購入した。中心に光るのは合成ダイヤ。天然と比べ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2019文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン