/

シャノアールと珈琲館、4月1日に合併

「カフェ・ベローチェ」を運営する喫茶店チェーンのシャノアールと同業の珈琲館は25日、4月1日付で合併すると発表した。両社は投資ファンドのロングリーチグループ傘下に入っており、合併で経営の効率化を図る。

珈琲館を存続会社とし「C-United(シーユナイテッド)」に社名変更する。ベローチェや珈琲館などの店舗ブランドは当面の間存続する。新会社の店舗数は約400となる。

ロングリーチは2018年5月にUCCホールディングスから珈琲館事業を買収。20年1月にはシャノアールも傘下に収めた。既に両社の本社機能を統合したほか、共同のメニュー開発などにも乗り出しており、合併でさらなる効率化を目指す考えだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません