/

この記事は会員限定です

伊藤忠、家庭でもCO2排出枠取引 再エネ使用分を企業に

(更新) [有料会員限定]

伊藤忠商事は一般家庭が参加できる二酸化炭素(CO2)の排出枠取引の仕組みを構築する。人工知能(AI)で管理する蓄電池を5月から家庭に販売。太陽光パネルで発電した電気で自家消費した分をCO2の排出削減分とみなし、その分を排出枠が必要な企業に提供する。企業間が主体の排出枠取引が家庭にも広がれば、取引の活性化や温暖化ガスの削減につながりそうだ。

家庭と企業が排出枠をやりとりする仕組みは世界でも珍しい。独自ブランド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1301文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン