/

日本MS、クラウド併用企業向けサーバーの新版

日本マイクロソフト(日本MS)は25日、自社保有のシステムとクラウドを組み合わせる「ハイブリッドクラウド」向けのサーバー「アジュール・スタックHCI」の新版の提供を開始したと発表した。米マイクロソフトのクラウドと自社システムをまとめて管理しやすくする機能を搭載し、クラウドを利用する一方で社内にもサーバーを保有し続ける企業などに提案する。

日本マイクロソフトの佐藤壮一Azureビジネス本部プロダクトマーケティング部プロダクトマネージャー

アジュールスタックHCIは、米MSのクラウド「アジュール」とほぼ同じIT(情報技術)システムの環境を作り出すソフトやストレージ(外部記憶装置)を搭載するサーバー。アジュールと同じ操作でサーバーの増設などが可能になる。利用企業はあたかも自社専用のクラウド環境を社内に構築できる。

新版では、クラウドのサーバーと自社保有のサーバーを統合管理するツール「アジュール・アーク」の機能を標準で搭載した。アジュールを利用中の企業はクラウド上のシステムと自社保有のシステムの違いを意識することなく、ソフトの更新作業などを一括して管理できる。

富士通NEC日立製作所、米デルテクノロジーズ、米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ、中国レノボ系のレノボ・エンタープライズ・ソリューションズの6社がそれぞれ、自社のサーバーにMSのソフトを組み込んで販売する。(島津忠承)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン