/

キリン、果汁発酵のレモンサワー

キリンビールの「発酵レモンサワー」

キリンビールは3月16日に香料を使わないレモンサワー「発酵レモンサワー」を発売する。レモン果汁を発酵することで、さまざまな香りの成分がひき引き立ち、レモン果汁由来の濃厚さやまろやかさを楽しめる。価格は定番のレモンサワーよりも1割高めに設定した。2021年に300 万ケース(250ミリリットル24本換算)の販売を目指す。

キリンビールが発売する「発酵レモンサワー」

25日に開いた缶チューハイの事業方針説明会で、キリンの山形光晴常務執行役員は「付加価値の高いRTD(割らずにそのまま飲めるアルコール飲料)の商品群を増やしたい」と強調した。コンビニでの店頭想定価格は350ミリリットル缶で158円(税抜き)、500ミリリットル缶で218円(同)。

キリンビールは20年に19年比12%増の約7152万ケースを販売した。「氷結」「キリン・ザ・ストロング」や「本搾り」が19年の販売を超えた。21年は「発酵レモンサワー」のほか、20年秋に投入した「麹レモンサワー」の販売増も見込んでおり、全体で5%増の約7500万ケースの販売を目指す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン