/

楽天とJICAが包括連携協定、途上国の新興企業を支援

楽天と国際協力機構(JICA)は25日、途上国の支援で包括連携協定を締結した。楽天のデジタル技術やJICAが持つ国際協力の知見を合わせ、スタートアップ企業の支援や情報発信、国際的な人材交流に取り組む。

楽天はインターンシップとして途上国の留学生を受け入れるほか、現地のスタートアップを指導する。楽天が運営するウェブサイトに途上国の産品の情報も掲載し、販路の拡大を手助けする。楽天では社内公用語に英語を採用しており、留学生を円滑に受け入れられるとみる。

JICAはこれまでも企業と特定分野で連携してきたが、複数の領域にまたがる包括的な協定は初めて。約1億人の会員を持ち70以上のサービスを提供する楽天と、海外96拠点と国際協力の専門家を有するJICAの強みを持ち寄る。

楽天の小林正忠常務執行役員は同日の記者会見で「JICAは世界各国の現場と直接つながるネットワークを持っている。協力することで、新しい国際協力を推進したい」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン