/

この記事は会員限定です

新電力パネイルが民事再生法適用を申請 負債総額60億円

[有料会員限定]

新電力のパネイル(東京・中央)が東京地裁に民事再生法の適用を申請したことが19日分かった。負債総額は約60億円。主力の電力小売事業で安値受注を続け、収益が悪化していた。新たな電力管理システムの開発計画を打ち出し、大企業との提携にも乗り出していたが、実現できずに経営が行き詰まった。

複数の関係者によると、パネイルは2017年夏ごろから低価格路線にかじを切り、収益が悪化した。18年9月期には最終損益が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り490文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン