/

この記事は会員限定です

白物家電24年ぶり高水準 20年出荷額、テレビも好調

(更新) [有料会員限定]

2020年の国内の家電市場を巡り、新型コロナウイルスの巣ごもり特需による活況ぶりが25日に発表された統計で鮮明になった。特に白物家電の国内出荷額は前年比1%増の2兆5362億円と、24年ぶりの高水準。薄型テレビも外出自粛で視聴機会が増えたとみられ出荷額は9%増の5071億円だった。業界団体は堅調な売れ行きが続くか注視している。

日本電機工業会(JEMA)が25日に発表した白物家電の20年の国内出荷...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り949文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン