/

この記事は会員限定です

アステラスや武田、免疫細胞用いたがん治療薬開発へ

[有料会員限定]

アステラス製薬は免疫細胞を使ってがんを攻撃する開発中の新薬について、人体に投与する臨床試験(治験)の申請をする。免疫機能を利用した「がん免疫薬」と呼ばれる分野で、ピンポイントでがんを攻撃でき副作用が少ないのが特徴だ。国内企業では武田薬品工業も開発する。欧米製薬大手が先行しているが、日本勢は治癒効果の高い製品で巻き返す。

がん免疫療法は、体内で発生するがん細胞を異物とみなし、免疫機能を使って排除する治療法だ。特に細胞を使うタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1606文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン