/

この記事は会員限定です

携帯基地局も空を飛ぶ ソフトバンクが狙うスマホ制空権

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

ソフトバンクが進める「空飛ぶ基地局」が実用化に向けて現実味を帯びてきた。2021年にも日本国内で試験飛行を実施する計画も視野に入れている。上空20キロメートルの成層圏に通信基地局となる無人飛行機を飛ばして地球規模の携帯サービスの提供を目指す。ソフトバンク子会社のHAPSモバイル(東京・港)は23年度の商用化やその先の普及に向け試行錯誤を続けている。

「上空のジェット気流がこれほど厳しいものなのかと目の当たりに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4292文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン