/

この記事は会員限定です

サービス連合会長「コロナ後見据え雇用維持を」

[有料会員限定]

2021年の春季労使交渉では新型コロナウイルス禍の影響が大きい観光やレジャー産業の雇用も注目されている。サービス・ツーリズム産業労働組合連合会の後藤常康会長に対応を聞いた。

――加盟組合の企業の厳しさはいつまで続きそうですか。

「国際航空貨物は好調だが、旅行と宿泊は落ち込みが続いている。人の移動が滞って1年がたち、経営側はお金の工面でも苦労している。宿泊業ではテレワーク用に部屋を貸し出したり、月額...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り930文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン