/

この記事は会員限定です

金型工業会、中小100社にIT専門家 機密漏洩防ぐ

[有料会員限定]

日本金型工業会は加盟企業の情報管理の強化に向け、IT(情報技術)専門家を派遣する。顧客から預かった図面などの機密情報が漏洩しないように指導。情報管理が適切な企業に国が与える「技術等情報管理認証」の取得を目指す。企業への不正アクセスが増えるなかで中小は対応が遅れており、業界をあげて漏洩対策を底上げする。

同工業会の加盟企業約400社のうち多くが従業員100人未満の中小企業だ。2021年から3年間で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り278文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン