/

この記事は会員限定です

MS&AD系、ドローンで建物劣化診断サービス

[有料会員限定]

MS&ADインターリスク総研(東京・千代田)はNECネッツエスアイと共同で、ドローン(小型無人機)を活用した建物劣化診断サービスを始める。従来は点検が難しかった工場の屋根や太陽光パネルなどを空撮し、劣化状況に応じた修繕計画の作成などにつなげてもらう。三井住友海上火災保険などの顧客を中心に、年30件のサービス提供を目指す。

NECネッツエスアイがドローンの操縦や撮影を担う。目視が難しい工場や倉庫の屋...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り321文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン