/

この記事は会員限定です

米アイ・ピース、iPS細胞の提供開始 京大出身者が設立

[有料会員限定]

京都大学出身者が設立したバイオ関連スタートアップの米アイ・ピース(カリフォルニア州)は、臓器の再生などに使う医療用iPS細胞の製造・販売事業を本格的に始めた。京都府内の自社工場でiPS細胞を大量生産し、海外の製薬会社などに供給する。個人向けに希望者自身のiPS細胞を作るサービスも稼働し、オーダーメード治療薬の需要増加に対応する。

再生医療を手掛ける新興バイオ製薬の米アベリー・セラピューティクス(ア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り508文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン