/

この記事は会員限定です

新電力エフパワー、更生法適用 負債今年最大の243億円

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新電力大手のF-Power(エフパワー、東京・港)は24日までに、東京地方裁判所に会社更生法の適用を申請したことを発表した。東京地裁は同日申請を受理し、保全管理命令を出した。負債総額は約243億円。今年最大の倒産案件となった。1月の電力逼迫により、電力卸市場の調達価格が急騰して業績が急激に悪化したことなどが響いた。エネルギー関連企業での会社更生法適用はこれが初めて。

東京地裁は24日に申請を受理し、保全管理命令を出した。エフパワーは24日の取締役会で更生手続きについて決議した。埼玉浩史社長ら現経営陣の進退については決議しなかった。埼玉社長は「熟慮に熟慮を重ねて経営判断した」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り314文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン