/

この記事は会員限定です

三菱商事、全鉱山で再エネ導入 世界供給網に脱炭素の波

資源メジャーは50年に温暖化ガス排出実質ゼロ

[有料会員限定]

商社や資源大手の間で、鉱山運営を脱炭素型に切り替える動きが広がってきた。三菱商事は2021年中に参画する全鉱山の操業で再生可能エネルギーを導入する。資源メジャーも50年の温暖化ガス排出の実質ゼロに向け環境投資を強化する。銅などの鉱石は半導体や自動車など幅広い製品に使われ、最終製品メーカーの要望に対応する。

チリ中部銅鉱山、22年に100%再エネ

三菱商事は権益の8%超を保有する、チリ北部のエスコンディダ銅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1299文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン