/

この記事は会員限定です

東電HDの電力小売り、調達先の選別検討 収益悪化で

[有料会員限定]

東京電力ホールディングス(HD)の小売事業会社である東京電力エナジーパートナー(EP)が、収益悪化で電力調達先の選別を検討していることが分かった。販売電力量の減少を背景に、発電所を持つ発電事業者からの電力調達を2021年度以降に減らす方向で調整している。電力自由化で顧客の獲得競争が激化する中、高コスト体質からの脱却をめざす。

電力小売りで最大手の東電EPが、電力調達の長期契約を見直すのは珍しい。今後はコストなどを踏まえた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り563文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン