/

この記事は会員限定です

スズキの鈴木修会長退任へ 40年以上経営を指揮

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

スズキは24日、鈴木修会長(91)が会長を退くと正式発表した。6月の定時株主総会後に取締役も退任し、相談役に就く。経営の一線から退き、息子で社長である鈴木俊宏氏に権限を大幅に委譲する。鈴木会長は40年以上にわたり社長、会長として経営のかじ取りを担った。インド進出を決断し、軽自動車で世界大手に成長させ、スズキの礎を築いた。2019年8月にはトヨタ自動車との資本提携を結び、将来の地盤も固めた。

鈴木会長は1958年に鈴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り511文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン