/

この記事は会員限定です

ゲノム編集食品、割れる世界の規制 透明性が不可欠

実れフードテック 第4部 ゲノムと食卓(下)

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

日本で第1号の食品が受理され、着々と実用化への動きが進むゲノム編集。様々な機能を付加できるゲノム編集の有用性は高い一方、ゲノム変種食品であることの表示義務はなく、厳しい安全性審査もない。食に対して保守的といわれる日本人の食卓に普及するには、安全性の担保はもちろん、情報の透明性が不可欠になる。

ゲノム編集食品、「食べたい人は1割」

「ゲノム編集食品を食べたいという人は1割」。東京大学などが約1万人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2245文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン