/

この記事は会員限定です

消費回復の主役はアジア ファストリ・柳井正氏

展望 コロナ時代(1)

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルスの感染収束の気配はみえず、先行き不安から消費者は節約志向を強める。アパレルの販売も軒並み厳しい。2021年の消費環境はどうなるか。ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長に聞いた。

――新型コロナの「第3波」で消費者心理が冷え込むなか、傘下のジーユー(GU)を値下げします。

「収入が増えず、失業者や休職者、自宅待機を余儀なくされる人も増える一方だ。皆が将来に不安を感じており、この不安に寄り添う。リーマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1090文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン