/

この記事は会員限定です

貿易業務の完全電子化、第1弾はベトナム 三菱商事など

[有料会員限定]

NTTデータ三菱商事など民間7社でつくる貿易業務の完全電子化システムの運用が始まる。三菱商事や三菱UFJ銀行など5社が連携し、2021年3月からまずベトナムとの貿易で活用することが決まった。煩雑な手続きを自宅からでも行えるようにし、新型コロナウイルスの影響下においても貿易取引の活性化につなげる考えだ。ベトナムでの結果を踏まえ、東南アジア諸国連合(ASEAN)の他の国への拡大も視野に入れる。

三菱商事と三菱商事プラス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り380文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン